Archives

交渉に際しての注意点

バイクの現金化を希望される理由や事情は人それぞれで当然ですが、共通する思いは当然、1円でも高い査定での買取交渉の合意に違いありません。いわゆる査定比較サイトを活用する場合、事務的に届けられる、各依頼先店の提示額の比較に一喜一憂で作業が一区切りとなりますが、電話相談の場合はその場での交渉が可能です。ここで気をつけねばならないのが、いわゆるゴリ押し的な希望の伝え方に及んでしまう、自らが顧客だからと高圧的な文言を受話器の向こうに伝えてしまうなど、いずれもマイナスにしか作用せぬ言動に至らぬ配慮に他なりません。

たとえ顔は見えずとも、更には業務上の顧客対応であったにせよ、相手も感情を有する人間であり、好ましいとは言えぬエンドユーザー側の言動に対しては、当然リスク回避の視点からも態度を硬化されて当然です。常識人として、査定アップを希望する旨の伝え方に十分な配慮が求められます。

反対に初めて電話相談を利用される方々の中には、緊張感や勝手が分からぬが故、伝えたい、あるいは伝えるべき事を言葉に出来ぬまま、流されるように提示された査定金額で合意してしまうケースが見られ、こちらも注意いただきたい展開です。臆せずしっかりと自身の意向を伝えるべく、何らかの下準備を十分整え、シミュレーション作業を事前に実践の上で電話相談に臨まれる事で、後になって後悔の念が徐々に膨らむ売却となってしまうリスクを回避してください。

欠かせぬ電話相談

今日のインターネットの普及は、それまで人対人のライブのコミュニケーションをベストな手法としていた、数々の交渉事をも目の前の画面を通じ、より短時間で簡潔に結論付ける世の中へと誘っています。そうした中の1つにも、愛車のバイクの現金化を希望される、すなわち買取査定に関しても、いわゆる比較見積サイトを無料で活用する事で、各社の概算査定価格を直ぐに収集からの確認を可能とし、日々新たな利用者を増やし続けています。

ですが今日すっかり市民権を得たこの手法にも、実は幾つもの「落とし穴」の存在が見過ごせません。何より既に準備された書式内に指定されたデータを入力するだけの、私達エンドユーザー側からの情報提供に基づく査定である以上、いざ現物を確認した際に、大きく話が違って来るリスクが否めません。そこで今一度そのメリットへの着目をお薦めしたい手法として、電話相談の活用を挙げておきたいと思います。

何よりオペレーターすなわち担当者とダイレクトに会話を交わせる環境での質疑応答ですから、ぜひ伝えておきたい情報を明確に告げる、あるいは疑問点をその場で確認出来るなど、より綿密なコミュニケーションを図る事が叶う環境が整っています。簡単手軽という点ではサイト活用には及びませんが、時に大きな金額が動く交渉だからこそ、より確実なコミュニケーションが可能な電話相談によるバイク査定を、ぜひこの機会に選択肢の1つとして捉えておいてください。